コンテンツへスキップ

薄毛治療と言えば、プロペシアやリアップなどを思い浮かべる方も多いと思います。

たしかにプロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼを抑制する効果があり、脱毛予防や脱毛防止に非常に役立ちます。また、リアップ(ミノキシジル)には血管拡張作用があるため、頭皮に栄養素や酸素が行き渡りやすくなって育毛促進に働きかけます。

これらの治療法はたしかに現在でも主流で、病院などでもこういった薬の組み合わせで処方されています。しかし、これらにはメリットだけなく少なからずデメリットも存在するわけです。

デメリットとしてあげられる副作用のリスク。軽微ではありますが、ミノキシジルの場合は頭皮のかゆみや炎症、むくみ、動悸などの症状が挙げられます。

しかし最近になって、このミノキシジルと同等の効果もしくはそれ以上の効果があり、さらに副作用がまったくないという育毛成分が注目を浴びています。

 

ミノキシジルより効果が高いのに副作用なしは本当?

最近の市販の医薬部外品の傾向として、「ミノキシジルの〇倍の効果がある××という成分配合!」というものがあります。

具体名を出すと、キャピキシルやリデンシルですね。キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果、リデンシルは2倍の効果があると噂されています。

しかもどちらとも副作用がなく安全というのです。これは果たして本当なのでしょうか?

結論から言うと、臨床データはあるものの本当に人間の頭皮で育毛効果が数倍あるのかというのは疑わしいです。あくまで細胞分裂が活性化されたりそれも人工の皮膚でのデータだったりするので、言い切ってしまうのはどうかと思います。

 

本当に自分に合う育毛剤を選ぶなら遺伝子検査がオススメ

AGAクリニックや薄毛外来でも進められているのが、遺伝子検査です。これにより自分の薄毛原因と対策の傾向が見えてきます。

最近では市販での遺伝子検査キットがついてきて、その検査結果によってオーダーメイドで作ってくれるという育毛剤が発売されています。

ペルソナという育毛剤ですが、今のところ市販のものとしてはこれ以上に理にかなったものはないかと思います。

ただ、定期購入の縛りが半年間など規定が厳しいので、よくよく考えてから購入したほうがいいでしょう。

ペルソナ効果が気になる方は、使用者さんのこういった口コミや体験レビューなどが参考になると思います。購入前に目を通しておくことをオススメします。