コンテンツへスキップ

私はとてもずぼらな性格です。このせいで、仕事場での服装やメイクなどにもあまり手をかけなかったです。

慣れない仕事で心も疲労していたので、余計に私は見た目にこだわらなくなってしまいました。気づいたら同じような服を着まわしたり、メイクを適当に済ませたり、そして髪型を常にポニーテールにするようになっていました。

見た目に構う余裕がなかったのです。このようなことをして一番感じたのは服装よりもメイクよりも髪型に気をつけるべきだったということです。

ポニーテールの悪夢

実はこのポニーテールを常にしていたせいで、私は髪がとっても薄くなったのです。

ポニーテールって髪の負担がかかってよくないんですって。私はそれをよく知りませんでした。知らないまま一番簡単で手間がかからない髪型だったので、毎日のようにポニーテールで職場に通っていました。

このおかげで同じ場所の髪が引っ張られて頭皮に負担をかけてしまい、薄毛が進んでいったのです。今では髪が薄くなってきていて、私はこの事件を「ポニーテールの悪夢」と呼んでいます。

知らなかった牽引性脱毛症

ポニーテールにし続けることで私の髪の毛は薄くなってきたらしいのです。こういう日ごろの行いが髪の毛のトラブルの原因になるのです。

調べたところ、牽引性脱毛症というものがあるそうです。ポニーテールや髪をひっぱったり圧迫するような髪型、ウィッグなどをすることで発症すると知りました。

今はそれを知らなかったことを後悔しています。同じ髪型でいることは薄毛になる元です。私はこの情報を知らなかったおかげで、今は薄毛に困っています。

これを知ってからは毎日違う髪型にするように気遣っています。こういう小さな努力が実を結べばいいのですけどね。

あとは育毛剤を使って毎日コッソリ育毛ケアしています。ミューノアージュという女性用育毛剤が効果があるようで、このようなサイトをみてわたしも頑張ってみようと思いました(【口コミ調査】ミューノアージュの育毛効果を3ヶ月使って検証した!)。

こういった体験者さんの声は参考になるので、育毛剤選びのときは参考にしたほうがいいと思います。

 

薄毛の治療は根気がいるものだと、実際に自分が治療をして初めて気付きました。

人間は全身に毛穴があり体毛が生えますが、体の毛と髪の毛は少し生える仕組みが違うんです。それは髪の毛は薄いのに体毛が濃い男性が多いことを考えれば明らかですよね。

体毛は男性ホルモンの影響を受けやすく、女性でも男性ホルモンが多い場合は体毛が濃くなります。しかし髪の毛の場合は、男性ホルモンの影響で髪の毛を作る細胞の働きが弱まり、次第に髪の毛が生えなくなってしまうのです。

それが男性型脱毛症、もしくはAGAと呼ばれるものなんですね。

まさに私はこのタイプの薄毛で、しかも頭のてっぺんが薄くなる症状だったので、最初は気づきませんでした。自分で自分の頭のてっぺんを見ることなんてあまり無いですからね。

そんな私が薄毛に気付いたのは、酔った同僚の「お前もハゲてきたな」という何気ない一言でした。同僚はフザけて軽い気持ちで言ったのでしょうが、自分がハゲているとは夢にも思わなかった私には晴天の霹靂でした。

それからすぐに薄毛対策を始めたものの、効果はまったく出なかったのです。

最初の一ヶ月はもちろん、二ヶ月続けても変化がなく、さらに抜け毛が止まらなかった時には、もう挫折しそうになっていました。それでも食事療法やマッサージ、内服薬などを続けていくうちに、少しづつ頭頂部の薄毛が改善していったんです。

あとは積極的に育毛サプリメントも摂取して髪に栄養分を行き渡らせることにも意識しました。私が愛飲していたのは亜鉛サプリメントなのですが、比較的値段もお手頃でしっかりと育毛ケアに大事な栄養素も含まれているので一定の効果はあると思います。

ただし、これでもまだ改善とまではいかず、他人から見たらどう変わったのか分からないレベルだと思います。なのでここからさらに効果を倍増させるために育毛剤を使っています。今私が試しているのはリデンという育毛剤で、最近発売されたばかりの新商品です。

新商品なのでまだまだ実績もんかう効果のほどはわかりませんが、リデン口コミを見るかぎりではなかなか評判が良さそうなので期待はしています。あと2ヶ月程度継続してみて、もしダメなら他のものも検討していきたいと思いますが、とりあえずは毎日コツコツ頑張ってみます。

実際に薄毛に悩んでいる私が、これまでに試したことを通して感想や結果を記述します。薄毛を気にし始めた頃に行ったのが、シャンプーをスカルプ系に変更したことです(効果は微妙でした)。

そこで何が悪いのかと思案した結果、ゴシゴシ洗いすぎなのが悪いのではないかと判断。シャワーを頭皮に当てて優しく洗うように工夫しました。けれどもその結果惨劇に見舞われました。それは平安京の区画整理みたいに綺麗に薄毛の道が舗装されちゃったのです。

これではいけないと豊富な毛量を誇る同僚にアドバイスを頂いたところ手で少しずらすように洗うのが良いと聞いたので実践。けれども髪の毛は薄くなるばかりでオデコも潮がひくように照かる海が広がりました。

1. ドライヤーを変えてみる

何が悪いのかと思案し、ドライヤーが悪いのではないかと推測。イオン噴射のドライヤーを購入しました。熱は髪にダメージを与える可能性があるので冷風の強で乾かしていたところ頭皮に変化が起こりました(気がつくのが遅かった)。

例えるならば台風の直撃を受けた場所のよう並木道のような髪の毛を荒ぶる神のように(髪だけに)フッ飛ばした模様で気がつけば二次被害で薄毛は進行。すっぽぬけました。

2. 書籍で勉強

これではいけないと髪の毛に関する書籍をあたりました。現在の対策としては、頭皮を洗うときはゴシゴシでもそよ風のようにサワサワでもなく、頭皮の「皮を洗う」というとやや聞きようによってはグロテスクな印象ですが、毛ではなく皮を揺らして洗うという方法を実践しています。

具体的にはマッサージ。分かりにくいので例えるならば、寝ている人に対してこれまでは揺らしたり、液体をかけたりしていたのですが、今はベット(布団)を揺らすような感じです。また、髪の乾かし方も乾いたタオルを3枚用意して拭き取るようにしています。

3. ネットで情報を集める

最近ではかなり知識だけはついてきたこともあり、ネットで情報を探すときも嘘の情報かどうかがかなりわかるようになってきました。ネット上には本に書いてあることと真逆のことなどもたまに見たりします。

おそらくブログを書いている人がにわかの知識で情報を発信しているのでしょうが、なかなか初心者にはわかりづらいと思います。

私が参考になるなと思ったサイトはいくつかありますが、育毛剤に関してはこちらのサイトが参考になりました(https://イクオスの真実.com/)。育毛剤の販売会社の裏事情やネットの口コミ評判の裏側まで書いてあってかなり納得できました。興味のある方はぜひ目を通してみて欲しいです。きっと育毛剤選びで失敗しにくくなると思いますよ。

薄毛や脱毛をそのままにしてしまうと、毛乳頭が死滅して「発毛しない毛穴」が出来上がってしまいます。頭皮剥き出しでツルッとしてしまった状態ではもう一度発毛させるのは非常に困難です。

逆に、薄毛の初期のうちであれば毛根と毛乳頭がまだしっかり機能している状態なので、再び発毛力を強化して改善していくことは十分に可能と言えます。育毛ケアは初期治療の一番の鉄則です。

ステップ1 頭皮用シャンプーで清潔に!

1. 育毛シャンプーに変える

シャンプーを育毛専用のものに変えることです。一般的なシャンプーでは髪や頭皮への刺激が強すぎてしまい、過剰に皮脂を落としすぎてしまいます。なので育毛専用のものに変えて、頭皮の状態を改善することが必要なのです。

2. 正しく洗う

正しいシャンプーの方法は、まずぬるめのシャワーで頭皮と髪の毛全体をすすぐように洗い流します。汚れやほこりなどはお湯だけでほとんど落とすことが可能です。お湯洗いをすることでシャンプー時の刺激やダメージも防ぐことができます。

シャンプーは手のひらでしっかりあわ立ててから頭皮全体に馴染ませて、ゆっくり洗髪します。爪を立てずに指の腹で洗うこと、頭皮をこすらずに指を押し付けて、毛穴から汚れを揉み出すようなイメージでマッサージするように動かします。

3. すすぎは重要

すすぎは丁寧に時間をかけてゆっくりと行います。毛穴や髪の根元にはシャンプーの成分が残っていることが多いのでしっかり行います。すすぎ終わったら、清潔なタオルを使って髪の水分をふき取ります。

ステップ2 育毛剤で底上げ!

そして、育毛剤併用することで発毛力を底上げしていきます。育毛剤の働きとは、髪を作るために必要な栄養素を補給してくれ、毛乳頭を刺激して活動を活性化させ、発毛命令を出させる働き、血行やターンオーバー(新陳代謝)を高めて、頭皮環境を向上させる効果を働かせてくれます。

ステップ3 最後のダメ押しに内側からもアプローチ!

育毛サプリなどで薄毛対策に重要な栄養素を十分摂取することも大切です。外側からだけでなく、もちろん内側からも同時にアプローチすることによって育毛効率を高めます。

育毛サプリには抜け毛を抑制したり、髪の成長を促したり、髪をつくるうえで必要な栄養がバランス良く配合されています。最近では育毛剤とセットで販売されているものなどもあるので、初心者の人はそういったものから始めるのもいいでしょう。

もちろんサプリメントを飲んでいるからといって、普段から暴飲暴食を繰り返していては意味がありません。食生活もある程度気を遣うようにして、サプリメントで補助的に栄養バランスを整えていきましょう。

育毛サプリ選びに役立つサイトがあるのでこちらも参考にしてみてください。
ハゲメンサプリ|~男の育毛サプリ徹底比較ランキング~

まとめ

ほとんどの薄毛は原因が複合的に混ざって起こっているものなので、それらの原因に幅広く対応できるような育毛剤&サプリを選ぶことが大切です。

早い段階で頭皮環境を整えることで薄毛改善効果が期待でき、健康的な髪を取り戻すことが可能と言えます。

 

薄毛治療と言えば、プロペシアやリアップなどを思い浮かべる方も多いと思います。

たしかにプロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼを抑制する効果があり、脱毛予防や脱毛防止に非常に役立ちます。また、リアップ(ミノキシジル)には血管拡張作用があるため、頭皮に栄養素や酸素が行き渡りやすくなって育毛促進に働きかけます。

これらの治療法はたしかに現在でも主流で、病院などでもこういった薬の組み合わせで処方されています。しかし、これらにはメリットだけなく少なからずデメリットも存在するわけです。

デメリットとしてあげられる副作用のリスク。軽微ではありますが、ミノキシジルの場合は頭皮のかゆみや炎症、むくみ、動悸などの症状が挙げられます。

しかし最近になって、このミノキシジルと同等の効果もしくはそれ以上の効果があり、さらに副作用がまったくないという育毛成分が注目を浴びています。

 

ミノキシジルより効果が高いのに副作用なしは本当?

最近の市販の医薬部外品の傾向として、「ミノキシジルの〇倍の効果がある××という成分配合!」というものがあります。

具体名を出すと、キャピキシルやリデンシルですね。キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果、リデンシルは2倍の効果があると噂されています。

しかもどちらとも副作用がなく安全というのです。これは果たして本当なのでしょうか?

結論から言うと、臨床データはあるものの本当に人間の頭皮で育毛効果が数倍あるのかというのは疑わしいです。あくまで細胞分裂が活性化されたりそれも人工の皮膚でのデータだったりするので、言い切ってしまうのはどうかと思います。

 

本当に自分に合う育毛剤を選ぶなら遺伝子検査がオススメ

AGAクリニックや薄毛外来でも進められているのが、遺伝子検査です。これにより自分の薄毛原因と対策の傾向が見えてきます。

最近では市販での遺伝子検査キットがついてきて、その検査結果によってオーダーメイドで作ってくれるという育毛剤が発売されています。

ペルソナという育毛剤ですが、今のところ市販のものとしてはこれ以上に理にかなったものはないかと思います。

ただ、定期購入の縛りが半年間など規定が厳しいので、よくよく考えてから購入したほうがいいでしょう。

ペルソナ効果が気になる方は、使用者さんのこういった口コミや体験レビューなどが参考になると思います。購入前に目を通しておくことをオススメします。