コンテンツへスキップ

薄毛の治療は根気がいるものだと、実際に自分が治療をして初めて気付きました。

人間は全身に毛穴があり体毛が生えますが、体の毛と髪の毛は少し生える仕組みが違うんです。それは髪の毛は薄いのに体毛が濃い男性が多いことを考えれば明らかですよね。

体毛は男性ホルモンの影響を受けやすく、女性でも男性ホルモンが多い場合は体毛が濃くなります。しかし髪の毛の場合は、男性ホルモンの影響で髪の毛を作る細胞の働きが弱まり、次第に髪の毛が生えなくなってしまうのです。

それが男性型脱毛症、もしくはAGAと呼ばれるものなんですね。

まさに私はこのタイプの薄毛で、しかも頭のてっぺんが薄くなる症状だったので、最初は気づきませんでした。自分で自分の頭のてっぺんを見ることなんてあまり無いですからね。

そんな私が薄毛に気付いたのは、酔った同僚の「お前もハゲてきたな」という何気ない一言でした。同僚はフザけて軽い気持ちで言ったのでしょうが、自分がハゲているとは夢にも思わなかった私には晴天の霹靂でした。

それからすぐに薄毛対策を始めたものの、効果はまったく出なかったのです。

最初の一ヶ月はもちろん、二ヶ月続けても変化がなく、さらに抜け毛が止まらなかった時には、もう挫折しそうになっていました。それでも食事療法やマッサージ、内服薬などを続けていくうちに、少しづつ頭頂部の薄毛が改善していったんです。

あとは積極的に育毛サプリメントも摂取して髪に栄養分を行き渡らせることにも意識しました。私が愛飲していたのは亜鉛サプリメントなのですが、比較的値段もお手頃でしっかりと育毛ケアに大事な栄養素も含まれているので一定の効果はあると思います。

ただし、これでもまだ改善とまではいかず、他人から見たらどう変わったのか分からないレベルだと思います。なのでここからさらに効果を倍増させるために育毛剤を使っています。今私が試しているのはリデンという育毛剤で、最近発売されたばかりの新商品です。

新商品なのでまだまだ実績もんかう効果のほどはわかりませんが、リデン口コミを見るかぎりではなかなか評判が良さそうなので期待はしています。あと2ヶ月程度継続してみて、もしダメなら他のものも検討していきたいと思いますが、とりあえずは毎日コツコツ頑張ってみます。

薄毛治療と言えば、プロペシアやリアップなどを思い浮かべる方も多いと思います。

たしかにプロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼを抑制する効果があり、脱毛予防や脱毛防止に非常に役立ちます。また、リアップ(ミノキシジル)には血管拡張作用があるため、頭皮に栄養素や酸素が行き渡りやすくなって育毛促進に働きかけます。

これらの治療法はたしかに現在でも主流で、病院などでもこういった薬の組み合わせで処方されています。しかし、これらにはメリットだけなく少なからずデメリットも存在するわけです。

デメリットとしてあげられる副作用のリスク。軽微ではありますが、ミノキシジルの場合は頭皮のかゆみや炎症、むくみ、動悸などの症状が挙げられます。

しかし最近になって、このミノキシジルと同等の効果もしくはそれ以上の効果があり、さらに副作用がまったくないという育毛成分が注目を浴びています。

 

ミノキシジルより効果が高いのに副作用なしは本当?

最近の市販の医薬部外品の傾向として、「ミノキシジルの〇倍の効果がある××という成分配合!」というものがあります。

具体名を出すと、キャピキシルやリデンシルですね。キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果、リデンシルは2倍の効果があると噂されています。

しかもどちらとも副作用がなく安全というのです。これは果たして本当なのでしょうか?

結論から言うと、臨床データはあるものの本当に人間の頭皮で育毛効果が数倍あるのかというのは疑わしいです。あくまで細胞分裂が活性化されたりそれも人工の皮膚でのデータだったりするので、言い切ってしまうのはどうかと思います。

 

本当に自分に合う育毛剤を選ぶなら遺伝子検査がオススメ

AGAクリニックや薄毛外来でも進められているのが、遺伝子検査です。これにより自分の薄毛原因と対策の傾向が見えてきます。

最近では市販での遺伝子検査キットがついてきて、その検査結果によってオーダーメイドで作ってくれるという育毛剤が発売されています。

ペルソナという育毛剤ですが、今のところ市販のものとしてはこれ以上に理にかなったものはないかと思います。

ただ、定期購入の縛りが半年間など規定が厳しいので、よくよく考えてから購入したほうがいいでしょう。

ペルソナ効果が気になる方は、使用者さんのこういった口コミや体験レビューなどが参考になると思います。購入前に目を通しておくことをオススメします。