コンテンツへスキップ

私はとてもずぼらな性格です。このせいで、仕事場での服装やメイクなどにもあまり手をかけなかったです。

慣れない仕事で心も疲労していたので、余計に私は見た目にこだわらなくなってしまいました。気づいたら同じような服を着まわしたり、メイクを適当に済ませたり、そして髪型を常にポニーテールにするようになっていました。

見た目に構う余裕がなかったのです。このようなことをして一番感じたのは服装よりもメイクよりも髪型に気をつけるべきだったということです。

ポニーテールの悪夢

実はこのポニーテールを常にしていたせいで、私は髪がとっても薄くなったのです。

ポニーテールって髪の負担がかかってよくないんですって。私はそれをよく知りませんでした。知らないまま一番簡単で手間がかからない髪型だったので、毎日のようにポニーテールで職場に通っていました。

このおかげで同じ場所の髪が引っ張られて頭皮に負担をかけてしまい、薄毛が進んでいったのです。今では髪が薄くなってきていて、私はこの事件を「ポニーテールの悪夢」と呼んでいます。

知らなかった牽引性脱毛症

ポニーテールにし続けることで私の髪の毛は薄くなってきたらしいのです。こういう日ごろの行いが髪の毛のトラブルの原因になるのです。

調べたところ、牽引性脱毛症というものがあるそうです。ポニーテールや髪をひっぱったり圧迫するような髪型、ウィッグなどをすることで発症すると知りました。

今はそれを知らなかったことを後悔しています。同じ髪型でいることは薄毛になる元です。私はこの情報を知らなかったおかげで、今は薄毛に困っています。

これを知ってからは毎日違う髪型にするように気遣っています。こういう小さな努力が実を結べばいいのですけどね。

あとは育毛剤を使って毎日コッソリ育毛ケアしています。ミューノアージュという女性用育毛剤が効果があるようで、このようなサイトをみてわたしも頑張ってみようと思いました(【口コミ調査】ミューノアージュの育毛効果を3ヶ月使って検証した!)。

こういった体験者さんの声は参考になるので、育毛剤選びのときは参考にしたほうがいいと思います。